ペットフードについての基礎知識をご紹介します
10月
4

ペットフードの選び方

自分のペットがペットフードを食べてくれないという悩みはとても多いと思います。日本で、ペットとして一番飼われているのが犬ですが、ドッグフードの粒の大きさについて悩んだことが多い人はたくさんいるとは思います。

ドッグフードを選ぶときに愛犬が食べられる粒のサイズで選ぶことは重要です。たとえば、口の小さなチワワやポメラニアンに大きなサイズの粒は会いません。犬はもともとかまずに丸呑みする動物です。犬の歯は、人間のように減りつぶすための歯はなく、引きちぎるしかありません。犬によっては粒をカリカリ噛みながら食べる犬もいますが、ほとんどの犬が丸呑みをすると思って粒のサイズを選ぶようにしましょう。

小粒しか食べない犬に大粒を買い与えても意味がありません。しかし、ドッグフードの質にも注意をしてみるのがよいでしょう。いくら食いつきのいいものを与えたとしても、質が悪ければ、健康に害しかありません。質のいいドッグフードを選ぶことが最も重要だからなのです。動物性タンパク質、野菜、数種類の脂質が使われているもの。そしてアレルギーを引き起こしやすいと言われている穀物が不使用のもの、添加物が多く入っていないものが良質なドッグフードということがいえるので、選ぶようにしましょう。

10月
2

ペットフードと言えば

ペットフードと聞いて、一番初めに思い浮かべるのがドッグフードですが、犬を飼っていたら一番思うことは、健康に長生きしてもらうために少しでもいいものをあげたいと思うと思います。そこで、今回はドッグフードについて簡単にご紹介したいと思います。

食事は生きる上でとても大切なものです。食べたものが血となり肉となり体を作っていきます。愛犬の健康を守るためには栄養がたくさんある食べ物を与えたいのは当たりまえのことです。しかし、販売されているペットフードについて人間と同じような食品の安全を取り締まる規制は最近までありませんでした。しかし、2009年からペットフードについての安全基準が設けられるようになりました。

良いドッグフードはたくさんありますが、すべての犬に合うフードは存在しません。愛犬のアレルギーや体のサイズ、運動量などをしっかりと考慮して、体に一番合うフードを選びましょう。選ぶときに一番先に考えないといけないのがアレルギーです。どんなによいものでも愛犬のアレルギーを引き起こす植物が入っていれば、愛犬にとっては最悪の物となってしまいます。一番最初にアレルギーのことを考えて、その次に、サイズや、食いつきについて考えましょう。

10月
1

ペットフードについて

大切なペットを飼っているのなら、当然思うのは少しでも長生きしてほしいという事です。その長生きをしてもらう為の大きなポイントになるのが、ペットフードです。人間同様に、食事をしないと当然ペットも生きていく事ができません。だからこそ、ペットフードを拘るという事を意識する事が大切になります。今までペットフードは何でも良いと思っていた方もいるでしょう。そして何となくで選択をしていたという方もいるはずです。しかし、ペットフードにはしっかり選択をする為のポイントがあるのが事実です。どういったポイントを考慮しての選択をすれば良いのかを知る事が先決です。

しかし、良いペットフードは数多く存在しているものの、必ずしも全てが合うという訳ではありません。アレルギーや体型や運動量などを考慮しての選択が必要になります。全てを考慮しての選択をするのが望ましく、何か一つの要素にとらわれるようではいけません。ペットフードについての正しい知識を有しておく事で、ペットフード選びにも当然役立ってきます。実は今まで間違ったペットフード選びをしていたという方もいるはずです。

当サイトではペットフード選びに役立つ基礎となる部分についての解説をします。ペットフードは何でも良いという訳ではありません。どういったペットフードを選択すれば良いかは、それぞれで異なるものであるとともに、正しい選択の仕方がある事をしっかり頭に入れた上での選択をするのが望ましいです。